理解度を落とさず、読むスピードだけを上げる速読方法

ドラマ『キイナ〜不可能犯罪捜査官』をご覧になったことがあるでしょうか。

菅野美穂さん演じる主人公、春瀬キイナは、速読が得意で、見たものを一瞬でスキャンしたように記憶する類まれなる才能を持っていて、鋭い観察力で事件を解決していくというストーリーです。

菅野美穂さんは、役作りのために実際に速読教室に通い、今までの読書スピードより8倍の速さになったそうです。

最近、「速読」という言葉をテレビで耳にすることが多くなりましたよね。夕方のニュースの特集でも速読が取り上げられていました。

菊池桃子さんが『笑っていいとも』に出演されたときに、息子さんが速読の全国大会で優勝したと自慢されていました。

えなりかずきさんが、速読通なことはわりと有名ですし、芸能界には、他にも速読を密かにトレーニングされている方がいるかもしれませんね。

速読」と聞くと、飛ばし読みや斜め読みと思われたり、特殊な能力と誤解される方が多いですが、この速読方法は、理解度を落とさず、読むスピードだけを上げる方法で、どなたにでも習得できます。
脳科学で実証された実践速読
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。