アメリカの歴代大統領は全員、速読を習得している

アメリカ合衆国の歴代大統領が全員、速読を習得していることは有名な話ですが、あなたはご存知でしたか?

ケネディ元大統領は、朝食前に主要新聞各紙に目を通し、朝食中に主要な資料に目を通していました。

カーター元大統領も、側近達とともに速読のトレーニングを行い、ペーパーワークが苦にならないまでに上達したと自伝に記しています。

ルーズベルト元大統領も毎朝、朝食前に1冊本を読んでいました。

世界の超大国であるアメリカ合衆国の大統領ともなれば、膨大な知識や処理能力が必要とされるのでしょう。

補佐官も大量の書籍を読みあさり、大統領のために要約するなど速読は必須スキルです。

先日、就任されたオバマ大統領も既に速読スキルを習得しているか、もしくは速読のトレーニングを行っているかもしれませんね。

私達は大統領ではありませんが、情報化社会の現代、数ある情報の中から必要なものだけを見つけ出したり、少ない時間を利用して書籍を読み、知識を増やすことは必要不可欠です。
脳科学で実証された実践速読

読むスピード、理解するスピードを数十倍にアップする速読法とは

今まで1時間かかっていた勉強が、たった6分で終わるようになります!と言ったら、あなたは信じられますか?

実は、「特許取得済みの速読法」なら、あっという間に読むスピード、理解するスピードが数十倍にまで上がってしまいます。

特許取得済みの速読法はこちら
川村明宏のジニアス速読術

もしあなたが、「勉強をもっともっと効率化させたい!」「ぶ厚い参考書も、難しい専門書もあっという間に理解したい!」と思っているのであれば、この続きをお読みください。

120万人以上の速読スピードを数十倍にまでアップさせ、アメリカや日本で数々の特許を取得して完成した、特許取得済みの速読術を初公開します。

これを読み終わる頃には、1時間かかっていた勉強が6分で終わるようになっていることでしょう!
川村明宏のジニアス速読術

はじめまして。川村 明宏と申します。

私は新日本速読研究会という団体で会長を務め、30年以上にわたり速読についての研究と開発を行ってまいりました。

速読に関する書籍も多数出版しておりますので、もしかしたらご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。

今回は、あなたにも速読の世界を体感して欲しいです。

「1時間かかっていた勉強がたった6分で終わる」

速読を覚えると、このようなことが当たり前になるでしょう。

「でも、速読を身に付けるのって難しいんじゃないの?」という声が聞こえてきそうですね。

確かに現在、世間に出回っている速読法を試したほとんどの人達が、
「内容が難しくて理解できない・・・」
「速読を身に付けるのに時間がかかり過ぎて続かない・・・」
「本を速く読めたとしても理解できない・・・」
こんな悩みを抱えています。

しかし、世間に出回っている速読法では、このような悩みがあって当然なのです。

今までの速読法はトレーニング内容が難しく、時間のかかるものばかりでした。これでは、続くはずがありません。

ほとんどの方が3日坊主でやめてしまい、速読を諦めてしまうのです。

さらに、読むスピードが速くなったとしても「理解力が落ちた」という方がほとんどです。

いくら速く読めるようになっても、読んだ内容を理解できなければ全く意味がありませんよね。

「読むスピードを上げることによって、理解力が落ちるのはしょうがないのか?」というと、そんなことはありません。

私の速読術は、これまでのものとは全くといっていいほど違うものです。

実は、私が開発した速読術なら、簡単なトレーニングで読むスピードを数十倍にまでアップさせ、それと同時に理解するスピードも数十倍までアップさせることができてしまいます。

これが特許を取得できた大きな理由なんです。

そして、この速読術により、今では120万人以上の人達が読むスピード、理解するスピードを数十倍にまでアップさせています。

『1時間の勉強が“たった6分”で終わるようになった!』
『546ページもある参考書の内容を“たった20分”で正確に理解できるようになった!』
『高校3年間分の勉強を“たった1ヶ月”で終わらせることができた!』
など、たくさんの感謝の声を送って来てくれています。

今すぐあなたも私の速読術で、1時間かかる勉強を“たった6分”で終わらせてください。

特許取得済みの速読術は、こちらにすべて公開してあります。
川村明宏のジニアス速読術
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。