いつの間にか速読が身に付くトレーニングサイト

任天堂DS「脳を鍛える」で有名な川村明宏氏が開発した速読法ですが、まずは下記にアクセスして再生ボタンを押してみてください。

川村明宏のジニアス速読術

あなたは、高速で流れている文字を読めたでしょうか?

「え、こんなの読めるわけないよ」・・・そう思ったあなた!

速読さえ身に付けてしまえば、このようなスピードでも文章を読み取ることができるようになりますし、本もあっという間に読むことができるようになるんです。

もしあなたが、

「速読をマスターして、本を素早く読めるようになりたい!」
「速読を覚えて、勉強や仕事の効率を上げたい!」

というのであれば、川村明宏氏のジニアス速読術を試してみてください。

本を数十倍の速度で読み取り、「1時間かかっていた勉強が6分で終わる」速読の世界を知る事ができるでしょう。

「なんだか難しそうだなぁ・・・」

そう思うかもしれませんが、実はあなたが速読を身に付けるためにやることはたった1つです。

読む能力と理解する能力を高めるためにトレーニングサイトが用意されています。そのトレーニングをゲームをしている感覚で1日数分遊んでもらうだけです。

「え?たったそれだけで速読が身に付くんですか?」

はい、もちろん、速読の説明を脳の仕組みからじっくりとお話したいところなのですが・・・きっと眠くなると思います(笑)

難しい話は抜きにして、ゲームをしている感覚で、いつの間にか速読が身に付くようトレーニングサイトは設計されています。

川村明宏のジニアス速読術

具体的に言うと、日本人の平均読書速度は、1分間で400〜700文字程度ですが、平均よりさらに3〜10倍以上まで読書速度を高めることができます。

つまり、1分間に2000〜5000文字を読めるようになるということです。その恩恵は、あなたの人生を実に大きく変えることになるでしょう。

なぜなら、分速1000文字で読める生徒は、200文字の生徒の5倍近くの情報量を詰め込むことができるからです。

受験勉強や資格取得等で勉強する際にも、同じ時間を使って勉強したとしても圧倒的な差が付いてくることは明らかですし、それが小学校から高校まで続くとなると膨大な情報量の差となるでしょう。

それだけではありません。仕事においても、大量の情報処理、膨大な資料のまとめ等のスピードがアップし、従来の作業を数分の1の時間で行うことが可能になります。

速読とは、文字通り速く読むということではありますが、それは「得られる情報量を数倍にアップさせる」ということでもあるのです。

速読さえ身に付けてしまえば、もう勉強に苦労することも無くなり、膨大な時間を使うことも無くなるでしょう。

今のあなたの読む速度も計測できますので、是非試してみてくださいね。

川村明宏のジニアス速読術
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。