アメリカの歴代大統領は全員、速読を習得している

アメリカ合衆国の歴代大統領が全員、速読を習得していることは有名な話ですが、あなたはご存知でしたか?

ケネディ元大統領は、朝食前に主要新聞各紙に目を通し、朝食中に主要な資料に目を通していました。

カーター元大統領も、側近達とともに速読のトレーニングを行い、ペーパーワークが苦にならないまでに上達したと自伝に記しています。

ルーズベルト元大統領も毎朝、朝食前に1冊本を読んでいました。

世界の超大国であるアメリカ合衆国の大統領ともなれば、膨大な知識や処理能力が必要とされるのでしょう。

補佐官も大量の書籍を読みあさり、大統領のために要約するなど速読は必須スキルです。

先日、就任されたオバマ大統領も既に速読スキルを習得しているか、もしくは速読のトレーニングを行っているかもしれませんね。

私達は大統領ではありませんが、情報化社会の現代、数ある情報の中から必要なものだけを見つけ出したり、少ない時間を利用して書籍を読み、知識を増やすことは必要不可欠です。
脳科学で実証された実践速読


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。