期間限定の無料速読講座とDVDプレゼント

あなたは、任天堂DS「右脳を鍛える」シリーズで有名な川村明宏先生をご存知でしょうか?

先生は、日本だけではなくアメリカをはじめとした海外でも速読の普及活動を行っており、「速読の元祖」と呼ばれています。

先生の教え子である速読マスター達は、ビジネス書をわずか20分で読んでしまう超高速の速読力を身につけています。

なぜ彼は、そんな常識離れした速読力を持った速読マスター達を次々と生み出すことができたのか?

答えは簡単です。先生は右脳と左脳がどうすれば活性化するか、つまり脳の構造を知り尽くしていたからです。

速読は、単に右脳を鍛えればいいというものではありません。

左脳と右脳をバランス良く鍛えていくことで、必然的に読書スピードが上がるということを速読マスター達に教えていたのです。

今なら、1冊20分で本が読めるようになる「川村式速読術」のセミナーDVD2枚と、1ヶ月分の教材が無料で貰えます。

8月31日までの期間限定のようですし、DVDは先着順ですから、どうぞお早めに。

速読講座 初月無料&DVDプレゼントキャンペーン




楽しい速読テクニック

速読テクニックは、もはや「知る人ぞ知る」という時代ではなくなりました。

今ではビジネスマン、学生、主婦、高齢の方まで誰でもが学び、使える道具になっています。

そんなあらゆる世代に役立つ「速読」の新しいスタイルが、この本には詰まっています。

通り一辺倒の理論だけでなく、実践的に学びたい!そんな人にはピッタリの1冊です。

これまでの常識を覆して、新しい価値観をあなたに届けてくれます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓



「速読」を初めて聞く方も、速読テクニックを実践している方も、「へえ!」となるような意外な驚きが満載です。

様々な難しいテクニックが紹介されている中、これは単純に「楽しい」!と感じっぱなしでした。

「楽しい」けど、ちゃんと「身になっている」から逆にコワい!

書籍には、トレーニングCDも付いてくるので、「こんな考え方もあるんだ!」という1つのきっかけとして、有意義な作品だと思います。

・勉強時間を短縮させて量をこなしたい
・問題を速く読みたい

そんな受験生。

・営業資料を一瞬で読んで効率的にポイントをおさえたい!
・膨大な情報から大事な部分だけを選びたい!

そんなビジネスパーソン。

テクニックは一切いりません、必要なのは「脳の活性化」。シンプルに学び、すぐさま体感し、人生の可能性を広げましょう!

詳細はこちら

ひかり速読法


いつの間にか速読が身に付くトレーニングサイト

任天堂DS「脳を鍛える」で有名な川村明宏氏が開発した速読法ですが、まずは下記にアクセスして再生ボタンを押してみてください。

川村明宏のジニアス速読術

あなたは、高速で流れている文字を読めたでしょうか?

「え、こんなの読めるわけないよ」・・・そう思ったあなた!

速読さえ身に付けてしまえば、このようなスピードでも文章を読み取ることができるようになりますし、本もあっという間に読むことができるようになるんです。

もしあなたが、

「速読をマスターして、本を素早く読めるようになりたい!」
「速読を覚えて、勉強や仕事の効率を上げたい!」

というのであれば、川村明宏氏のジニアス速読術を試してみてください。

本を数十倍の速度で読み取り、「1時間かかっていた勉強が6分で終わる」速読の世界を知る事ができるでしょう。

「なんだか難しそうだなぁ・・・」

そう思うかもしれませんが、実はあなたが速読を身に付けるためにやることはたった1つです。

読む能力と理解する能力を高めるためにトレーニングサイトが用意されています。そのトレーニングをゲームをしている感覚で1日数分遊んでもらうだけです。

「え?たったそれだけで速読が身に付くんですか?」

はい、もちろん、速読の説明を脳の仕組みからじっくりとお話したいところなのですが・・・きっと眠くなると思います(笑)

難しい話は抜きにして、ゲームをしている感覚で、いつの間にか速読が身に付くようトレーニングサイトは設計されています。

川村明宏のジニアス速読術

具体的に言うと、日本人の平均読書速度は、1分間で400〜700文字程度ですが、平均よりさらに3〜10倍以上まで読書速度を高めることができます。

つまり、1分間に2000〜5000文字を読めるようになるということです。その恩恵は、あなたの人生を実に大きく変えることになるでしょう。

なぜなら、分速1000文字で読める生徒は、200文字の生徒の5倍近くの情報量を詰め込むことができるからです。

受験勉強や資格取得等で勉強する際にも、同じ時間を使って勉強したとしても圧倒的な差が付いてくることは明らかですし、それが小学校から高校まで続くとなると膨大な情報量の差となるでしょう。

それだけではありません。仕事においても、大量の情報処理、膨大な資料のまとめ等のスピードがアップし、従来の作業を数分の1の時間で行うことが可能になります。

速読とは、文字通り速く読むということではありますが、それは「得られる情報量を数倍にアップさせる」ということでもあるのです。

速読さえ身に付けてしまえば、もう勉強に苦労することも無くなり、膨大な時間を使うことも無くなるでしょう。

今のあなたの読む速度も計測できますので、是非試してみてくださいね。

川村明宏のジニアス速読術

勉強に時間を使う必要がなくなる速読術とは

「1冊の本を6分で読み終えることができる」なんて聞いた時は、そんなの嘘だ!と、そう思いました。

でも実際に、1日7分だけ速読トレーニングをしてみたら、電車での通勤時間を使って楽々1冊の本を読み終えることができたんです。

もちろんすべて内容を理解しながら・・・

もし、

●学力をアップさせたい!
●難関資格を取得したい!

あなたがそう思うのなら、この速読術を試してみてください。
↓ ↓ ↓


分厚い参考書や資料など、あっという間に読み終えられるので、もう勉強に時間を使う必要がなくなります。

数々の特許を元に完成した速読術はこちらです。

川村明宏のジニアス速読術

速読を覚えると限られた時間でも教養を得る事ができる

本を読むと、色々な考え方を学ぶ事ができ、自分の価値観にも大きく影響を与える事ができます。

字を読むという行為だけで頭は鍛えられ、回転も速くなります。しかし・・・

●本を読む時間が作れない・・・
●通勤時くらいしか読めない・・・

という方も多いでしょう。

そこで速読を覚えると、限られた時間でも教養を得る事ができるというわけですね。
川村明宏のジニアス速読術

30秒で6ページの速読トレーニング方法とは

最近、ビジネス関連書籍やテレビ等で速読が話題になっていますね。

以前、NHKテレビ「シャキーン!」で、速読家の板倉氏が「今日の30秒」に出演したことがあります。

図書館にいる板倉氏が、普通の文庫本を30秒で何ページ読むかという実験をしていて、その結果は、30秒で6ページ読んでいました。

『4行くらいを1つのかたまりとして読む』とコメントし、番組内では目の動きもカメラが追っていました。

30秒で6ページのペースだと、250ページの文庫本は約21分で読むことができます。

図書館に30分いれば、1冊読めちゃう・・・おそるべし速読です。

板倉氏が使ったのは、この速読トレーニング教材です。
速読トレーニング

テレビ「所さんの目がテン!」(日本テレビ)でも、その速読トレーニングが紹介され話題になりました。

速読を身に付けると、学校の成績、仕事、学習、読書等、あらゆる面でプラスになり、一生ものです。

速読を身に付けて司法試験に合格したという方もいらっしゃるほどです!

独学の速読訓練でお薦めは、全国普及率トップのこの教材です。

自宅でできる速読トレーニング教材はこちらです。
速読術

本を数十倍の速度で読み、勉強や仕事の効率を上げたいですか

ぶ厚い参考書や難しい専門書を、今までの数十倍の速さで正確に理解できるなんて、最初は信じられませんでした。

でも、いざ本を読み始めてみると・・・

「546ページもある参考書を“たった20分”で読み終えることができたんです!」

「しかも、読んだ内容をすべて正確に理解していました。」
川村明宏のジニアス速読術

ぶ厚い参考書、大量の企画書などを瞬時に読み取る、特許取得済みの速読法があります。

もしあなたが、

「本を数十倍の速度で読みたい!」
「勉強や仕事の効率を上げたい!」

と望むのであれば、今すぐこの続きを読み進めてください。

アメリカと日本で数々の特許を取得して完成した速読術です。

はやる気持ちをおさえて、まずは“この速読術”を試した人達の声をお聞きください。
川村明宏のジニアス速読術

ご覧のように、数十倍のスピードで情報を吸収している人達が続出しています。では、一体彼らはどんな速読術を試したのか?

その秘密の一部を公開すると・・・

■本を読むスピードが数十倍になる速読術
■情報を一瞬で処理!頭が良くなるトレーニング
■今すぐできる速読のメカニズム

■ジニアス速読術驚異のメリット
■1分間で7000文字を読めるようになる秘密!
■眠っている脳を覚醒させる方法

■数十倍のスピードで一冊丸ごと理解する
■わずか数秒で分かるあなたの速読スピード
■難しい本も読み流すだけで理解できる

■1ページをめくるのに0.5秒でいい理由
■3分で速読スピードがアップするトレーニング

などなど・・・これらの秘密を知れば、あなたも読むスピード、理解するスピードが数十倍までアップしてしまうのです。

今すぐ、この特許取得済みの速読術の秘密を知ってください。
川村明宏のジニアス速読術

アメリカの歴代大統領は全員、速読を習得している

アメリカ合衆国の歴代大統領が全員、速読を習得していることは有名な話ですが、あなたはご存知でしたか?

ケネディ元大統領は、朝食前に主要新聞各紙に目を通し、朝食中に主要な資料に目を通していました。

カーター元大統領も、側近達とともに速読のトレーニングを行い、ペーパーワークが苦にならないまでに上達したと自伝に記しています。

ルーズベルト元大統領も毎朝、朝食前に1冊本を読んでいました。

世界の超大国であるアメリカ合衆国の大統領ともなれば、膨大な知識や処理能力が必要とされるのでしょう。

補佐官も大量の書籍を読みあさり、大統領のために要約するなど速読は必須スキルです。

先日、就任されたオバマ大統領も既に速読スキルを習得しているか、もしくは速読のトレーニングを行っているかもしれませんね。

私達は大統領ではありませんが、情報化社会の現代、数ある情報の中から必要なものだけを見つけ出したり、少ない時間を利用して書籍を読み、知識を増やすことは必要不可欠です。
脳科学で実証された実践速読

読むスピード、理解するスピードを数十倍にアップする速読法とは

今まで1時間かかっていた勉強が、たった6分で終わるようになります!と言ったら、あなたは信じられますか?

実は、「特許取得済みの速読法」なら、あっという間に読むスピード、理解するスピードが数十倍にまで上がってしまいます。

特許取得済みの速読法はこちら
川村明宏のジニアス速読術

もしあなたが、「勉強をもっともっと効率化させたい!」「ぶ厚い参考書も、難しい専門書もあっという間に理解したい!」と思っているのであれば、この続きをお読みください。

120万人以上の速読スピードを数十倍にまでアップさせ、アメリカや日本で数々の特許を取得して完成した、特許取得済みの速読術を初公開します。

これを読み終わる頃には、1時間かかっていた勉強が6分で終わるようになっていることでしょう!
川村明宏のジニアス速読術

はじめまして。川村 明宏と申します。

私は新日本速読研究会という団体で会長を務め、30年以上にわたり速読についての研究と開発を行ってまいりました。

速読に関する書籍も多数出版しておりますので、もしかしたらご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。

今回は、あなたにも速読の世界を体感して欲しいです。

「1時間かかっていた勉強がたった6分で終わる」

速読を覚えると、このようなことが当たり前になるでしょう。

「でも、速読を身に付けるのって難しいんじゃないの?」という声が聞こえてきそうですね。

確かに現在、世間に出回っている速読法を試したほとんどの人達が、
「内容が難しくて理解できない・・・」
「速読を身に付けるのに時間がかかり過ぎて続かない・・・」
「本を速く読めたとしても理解できない・・・」
こんな悩みを抱えています。

しかし、世間に出回っている速読法では、このような悩みがあって当然なのです。

今までの速読法はトレーニング内容が難しく、時間のかかるものばかりでした。これでは、続くはずがありません。

ほとんどの方が3日坊主でやめてしまい、速読を諦めてしまうのです。

さらに、読むスピードが速くなったとしても「理解力が落ちた」という方がほとんどです。

いくら速く読めるようになっても、読んだ内容を理解できなければ全く意味がありませんよね。

「読むスピードを上げることによって、理解力が落ちるのはしょうがないのか?」というと、そんなことはありません。

私の速読術は、これまでのものとは全くといっていいほど違うものです。

実は、私が開発した速読術なら、簡単なトレーニングで読むスピードを数十倍にまでアップさせ、それと同時に理解するスピードも数十倍までアップさせることができてしまいます。

これが特許を取得できた大きな理由なんです。

そして、この速読術により、今では120万人以上の人達が読むスピード、理解するスピードを数十倍にまでアップさせています。

『1時間の勉強が“たった6分”で終わるようになった!』
『546ページもある参考書の内容を“たった20分”で正確に理解できるようになった!』
『高校3年間分の勉強を“たった1ヶ月”で終わらせることができた!』
など、たくさんの感謝の声を送って来てくれています。

今すぐあなたも私の速読術で、1時間かかる勉強を“たった6分”で終わらせてください。

特許取得済みの速読術は、こちらにすべて公開してあります。
川村明宏のジニアス速読術

理解度を落とさず、読むスピードだけを上げる速読方法

ドラマ『キイナ〜不可能犯罪捜査官』をご覧になったことがあるでしょうか。

菅野美穂さん演じる主人公、春瀬キイナは、速読が得意で、見たものを一瞬でスキャンしたように記憶する類まれなる才能を持っていて、鋭い観察力で事件を解決していくというストーリーです。

菅野美穂さんは、役作りのために実際に速読教室に通い、今までの読書スピードより8倍の速さになったそうです。

最近、「速読」という言葉をテレビで耳にすることが多くなりましたよね。夕方のニュースの特集でも速読が取り上げられていました。

菊池桃子さんが『笑っていいとも』に出演されたときに、息子さんが速読の全国大会で優勝したと自慢されていました。

えなりかずきさんが、速読通なことはわりと有名ですし、芸能界には、他にも速読を密かにトレーニングされている方がいるかもしれませんね。

速読」と聞くと、飛ばし読みや斜め読みと思われたり、特殊な能力と誤解される方が多いですが、この速読方法は、理解度を落とさず、読むスピードだけを上げる方法で、どなたにでも習得できます。
脳科学で実証された実践速読
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。